2009年02月03日

心と頭

今日は語学講座

『あがる』、『舞い上がる』、『頭が真っ白になる』
これらの言葉は意識が上の方へ行っている感じですよね。
英語でも『freeze up』、『get stage flight』
『どうしてうまくいかないのだろう?』『負けたらどうしよう?』
上の方(頭)で考えてもしかたの無いことを考えている状態です。

『落ち着く』、『肝がすわる』、『腹をすえる』、『腰をすえる』
こちらは意識が下の方へ行っている感じ。
英語でも『calm down』、『settle down』、『cool down』、『drop anchor』
心(胸や腹)でポジティブなイメージを思い描いている状態です。

ボールデッドの間はしっかり頭で考え(計算して、と言った方が良いかも?)、インプレー中は『体全体で、感じる』、『心にイメージする』

最近、このことに気づいてから私の指導が大きく変わりました。

metooさんのところに書き込んだコメントですが、自分で気にいっちゃったものですからそのまま記事にしました。

posted by skyboys広報 at 23:02| Comment(8) | TrackBack(1) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『浮き足立つ』『地に足をつける』・・・おっしゃるとおり、ホント、ネガティブは上方向、ポジティブは下方向ですね。
全く気付いてませんでした。
Posted by PAT at 2009年02月03日 23:20
こんばんは!すごく勉強されてるのがわかるブログです。勉強をしなくなった指導者は指導者を引退しなければいけません。私は、そう思ってます!スポーツ上達の極意研究会ブログhttp://sportsnogokui1.seesaa.net/
Posted by コーチK at 2009年02月04日 00:44
さすが広報さん!
何かを見つけだす方向が面白い!
得意分野は理数系だけじゃなかったんですね^^
Posted by metoo at 2009年02月04日 02:05
 すごくいい事を教えてもらいました…。
これはすぐに今後の指導に活かさなくては!
Posted by でぃあ at 2009年02月04日 09:53
前、後ろもありますよね!
前のめり、気持ちが突っ込む、腰がひける、逃げ腰
特に緊張する場面では、受け身になってる自分を後ろで見ている感覚があります(私だけ?)
新米監督ゆうすけさんのブログからの受け売りなんですか、
心構え=心がまえ=心が前前にもありました^^
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年02月04日 17:16
PATさん
言葉っておもしろいですね。
これに気づいた時は感心しました。


コーチKさん
このことに気づかせていただきありがとうございます。
今までの指導は何だったのだろう?という思いでいっぱいです。

metooさん
metooさんに着眼点をほめられるとうれしいです。
まだまだかないませんが

でぃあさん
活かしてください!
今まで何をしてたんだろう?というぐらい急速に上達します。

肉団子3兄弟さん
『心が前』は良いですね。
ウチのチームのモットー 前へ前へひたすら前へ
にぴったりです
Posted by Skyboys広報 at 2009年02月04日 21:43
いい話ですね。英語の勉強にもなって得した気分です。人生しっかり地に足をつけて歩んでいきたいとおもいました。浮足立つことなく!
Posted by 星 十徹 at 2009年02月07日 05:55
十徹さん
ブログのほうも足が地についたいい感じです。
お互いがんばりましょう。
英語も!
Posted by Skyboys広報 at 2009年02月07日 19:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

心と脳
Excerpt: 【走姿顕心】(そうしけんしん) 走っている姿にそのまま選手の心が顕れるという意味。 以前、かにさんのブログでも紹介されてこの言葉を知りました。 ネットで検索すると、大学や高校、野球やマラソン..
Weblog: 少年野球BLOG
Tracked: 2009-02-04 01:41