2008年07月27日

合宿 坂本佳一さんのお話

26日の夜は近所のお寺で合宿でした。
今年は2年ぶりに坂本佳一さん(東邦高校1年のとき、投手として甲子園で活躍された方)をお呼びしてお話をしていただきました。
長くなりますので2回に分けて内容を紹介します。
今回はその1回目、『野球の心構え』
内容は
『道具を大事に』『勉強もしっかり』『助け合いの心』の3つ。




まずは『道具を大切に』
この話は2年前にも話されていますが、今回も最初に話されていました。
大事なことなんですね。
翌27日はJrチームの練習試合でしたが、スパイクをきれいに磨いてきた子に先発出場してもらいました。

次は『勉強もしっかり』
今や高校で野球を続けるにもしっかり勉強をしなければならない時代となっているとのことでした。
中1の先輩たちも合宿に来てくれましたが、総じて野球を続けている子が勉強で苦戦している傾向があるようです。考える野球を実践してきて最も勝つ確率の高いプレーを瞬時に判断できていた子たちですので数学の素養はあるはずなのですが…。

『合宿でも夏休みの宿題を勉強する時間を設ける』ことを提案されましたが、来年の合宿スケジュールにはしっかり盛り込まなくてはいけません。

三つ目は『助け合いの心』
例えば、ピッチャーが失投してヒット性の当たりを打たれてもサードが飛びついて止めればピッチャーは助けられることになる。
そのサード、ファーストに難しいボールを投げてもファーストが上手に捕球してくれればサードは助けられることになる。
野球には、こんないいことがあって、野球を通じて助け合うことを覚えて欲しい。


posted by skyboys広報 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 27期 絆〜Heart to Heart〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。