2008年05月03日

考えるディフェンス スポ少大会優勝

Aチーム(6年生)、スポーツ少年団軟式野球大会で優勝しました。
準決勝の途中からはJrチーム(4年生)、オレンジチーム(3年生以下)が応援に駆けつけましたが、6年生は下級生に素晴らしい試合を見せてくれました。
スコアは準決勝3−1、決勝4−1。
いずれも安定したディフェンスで失点を最小に抑え、中盤から終盤に加点するパターン。
私の記憶では両方ともノーエラー、特に決勝は無四球試合でした。

派手な守備はありませんが試合展開、状況を考えながら守備のポジション取りをしているのが良くわかりました。
特にランナーがいないときの外野の思い切った前進守備は感心しました。
『ピッチャーのコントロールが良いので、まともに打たれる確率は低いだろう。それよりも当たり損ねを外野の前に落とされるがイヤだ』と考えてのものだと思います。



圧巻はバッテリーの投球の組み立てでした。
打ち気が無いと見るや大胆に真ん中に投げ、ピンチの場面では際どいボールでファールを打たせ、最後はボールを打たせて討ち取る。まるで往年の江夏投手のようでした。

先月の大会では走塁に課題があったのですが、走る意欲も高くなってきたようです。
準決勝では市内屈指の強肩キャッチャーくんに最初の盗塁は阻止されましたが、それにひるむことなく相手バッテリーのちょっとしたスキをついて盗塁を決めていました。

ほめてばかりではしかたがないので最後にアドバイス。
『攻撃もいろいろなケースを想定(イメージ)して気持ちの準備をしておこう。』
試合後、審判部長さんに今日の試合の課題をうかがったのですが、バントエンドランの失敗を挙げられました。
ノーアウト1,2塁でバントエンドランを敢行したのですがバントが小フライになってダブルプレーされたケースがありました。2塁ランナーのスタートがとても早かっただけに残念なプレーでした。
普段の練習の時から行き当たりばったりでプレーするのではなく『こんな場合はこうする』と予めいくつか考えておく訓練をするといいと思います。
posted by skyboys広報 at 22:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 27期 絆〜Heart to Heart〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
優勝おめでとうございます!
やった〜!!これからも優勝目指して頑張ってください!応援しています
Posted by 悠太ママ at 2008年05月07日 13:55
悠太ママさん
応援ありがとうございます。
これからも応援よろしくお願いします。
Posted by Skyboys広報 at 2008年05月09日 07:58
優勝おめでとうございます。
県大会の日程を教えて下さい。
Posted by 学童野球ファン at 2008年05月12日 20:30
県大会は5月18日、24日、25日、
口論義運動公園で予定されています。
組み合わせ抽選は13日の予定です。
Posted by Skyboys広報 at 2008年05月13日 07:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック