2011年05月19日

どうする?この夏

この夏、自動車会社各社は木曜、金曜休日で土曜、日曜出勤となることになりました。
関連の会社もこれに倣うことでしょう。

この地方では、指導者のほとんどが自動車関係の会社に勤めています。
野球の練習、どうしましょう?

都合のつく人でなんとかやりくりするしかないでしょうが、…。


posted by skyboys広報 at 07:05| Comment(6) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

フライ捕球の練習

8日午前中は双葉ドラゴンズとのTボール大会予選リーグの2つめの試合でした。
私は見られませんでしたが、結果は7-11の負け。相手チームはバッティングが良く、外野へポンポン飛ばしていたそうです。
と言うことで、午後からはフライ捕球の特訓。

特訓と言っても小さい子たちには難しいフライは要りません。できるだけ捕りやすい飛球をできるだけたくさん捕ってもらいます。
地上で暮らす人間には空間の距離感を鍛える機会がほとんどありません。ですから、数多く捕球を体験して空間の距離感をつかむことから始めるわけです。何より、フライを捕球することは気持ちの良いことです。簡単な飛球でも1球捕球するたびに捕球動作が洗練されていくわけです。例え、落球しても『今度は捕ってやろう』と考えていれば、それでOK。落球した理由ではなく、どうしたら捕れるかを教えてあげましょう。言っている中身は同じでも上達のしかたが違ってきますよ。
posted by skyboys広報 at 12:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 33期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

スポ少大会準決勝

30日はスポ少大会の準決勝、決勝でした。

準決勝の対戦相手は、先月の選手権で優勝した刈谷ブルドッグ。
結果は、2−0の負け。
相手ピッチャーの絶妙のコントロールにやられてしまいました。
インコースをファールにさせてから、アウトコースを出し入れする投球パターンは小学生にはちょっとやっかいなものでしょう。

『体が開いているから、アウトコースは届かない』
『アウトコースでも狙って打てるようにしないと…』
と試合を見てコーチ連中で深刻に話し合っていましたが、そこへ代表が来て、にこにこしながら一言
『みんな、上手になったねえ。』

そうか!明るく、楽しく野球できていれば、それで良いのですね。
こどもたちはやっかいな相手に打ち勝つべく取り組むプロセスを楽しめればそれでOK。
今年はやりがいのある対戦相手に恵まれたんですね。
Aチームの監督さんはプラス思考がモットーですから、今後が楽しみです。
posted by skyboys広報 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 30期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。