2010年01月24日

無四球試合

久しぶりに試合結果の報告です。
というのも勝ち負けよりも内容が嬉しかったものですから。

嬉しかったのは

@1試合と3イニングス、無四球
 1試合目は左エース君完投、2試合目は時間の都合で3回までですが右エース君と不器用君(私は不器用を ほめ言葉として使っています)
このチームとしては初めての記録です。

A積極的な走塁ができた
・内野安打の後、相手のチョットした隙をついて2塁を陥れました
・ホームクロスプレー2つ、ナイススライディングでセーフにしました。そのうち1つはアウトのタイミングでしたが低く速いスライディングでタッチをかいくぐりました。

B良い声が出ていた
単に声が大きかったというだけではなく素早く適切な指示ができていました。

Cノーエラー
最近、物忘れがひどいので少し?ですが、ノーエラーだったような…

バッティングは…
今度打てればいいかな

今夜は缶ビールで一人祝賀会です。
posted by skyboys広報 at 22:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 29期 前へ前へひたすら前へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

さわやかイレブン

もう40年近く前になります。
春の甲子園で徳島 池田高校が準優勝しました。
このときの部員数は11人。
ハツラツとしたプレーぶりから『さわやかイレブン』と呼ばれました。

ところで、私たちの5年生チーム、今まで10人で頑張ってきましたが1人増えそうです。
お父さんの仕事でイギリスから転校してきた子が入団したいと練習に参加してくれました。
1ヶ月程度の体験練習を経て『できそうだ』となったら正式に入団です。
やる気まんまんでしたのできっと仲間になってくれることでしょう。

『さわやかイレブン』にあやかりたいです。
posted by skyboys広報 at 21:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 29期 前へ前へひたすら前へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

Stephen Strasburg

少年野球コーチさんがストラスバーグ投手を紹介されました。
すごいピッチャーみたいですね。
動画を見ていてウチの背の高いピッチャーの参考になりそうと思いました。今度の土曜日には動画をノートパソコンに保存して持っていこうと思います。


続きを読む
posted by skyboys広報 at 14:17| Comment(4) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

正拳突き

動画に挑戦しました
うまく再生できるかな?

瞬発力、集中力のトレーニングです

案外難しいです。
posted by skyboys広報 at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

Smile baseball

metooさんが『夢を追いかける子供を導いてあげよう。』と言われています。

とても大切なことだと思います。ぜひ、読んでください。



以下、metooさんblogから一部引用


今日始めて会うA君とB君に投球フォームの指導をするとします。

A君には、しばらく観察してから

「◎◎がダメだから、もっと◎◎してごらん」

いきなり初対面の子供にダメ出しから入ります。

当然A君は話を聞きませんから、
「A君は素直じゃない」
「人の話を聞かない」
「精神面が弱い」
などと、A君を悪者にして指導は終わってしまいます。


B君には、しばらく観察してから

「君のバネはグッドだね!!!」

「君はプロ野球選手になれるぞ!もっともっと頑張ればだけどね(笑)」

まずB君の良い所を認めてあげる、褒めてあげる、ここから近寄ります。

「◎◎は完璧にできてるから、もっと◎◎するともっと良くなるよ」
「また来週見に来るから、しっかり自分で練習するんだよ」

元気な声で「ハイッ!」と返事もかえってきます。

以上、引用終わり。


この記事でダメ出しされたA君が話を聞かないと書かれていますが、A君、B君、おそらくこんなふうに考えていると思います。

A君、『どうして、できないんだろう?よくわからないけど、コーチが言うとおりやってるつもりなのに?
やっぱり、ボクはへたくそなんだ。』

B君、『ボクがプロになれる?おおげさに言ってるだけだろうけど、うれしい。
どうしたらもっと速い球をコントロール良く投げられるかな?

2人とも一生懸命、指導者の言うことを聞こうとしています。
決定的な違いは『どうして、できないんだろう?』と『どうしたらできるだろう?』
同じことのようですが、これはまったく異なる思考パターンです。
これはコーチKさんから伺った話ですが、
人間の脳は快楽を求めるので不安な疑問に対してなんらかの答えを見つけて安心したがるのだそうです。
ここでネガティブな『どうして、できないんだろう?』という疑問に対する答えは『ボクがどんくさい』『環境が悪い』『教え方が悪い』ネガティブな答えがいくらでも出てきます。
『どうしたらできるだろう?』に対しては、自分なりに考えたことがうまく行けばウレシイし、うまくいかなくてもそれはそれで次回のお楽しみでしょう。
ポジティブな考えにはポジティブな感情(うれしい、楽しい)が不可欠と思います。
posted by skyboys広報 at 22:50| Comment(3) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

新年会

10日夜は焼肉屋さんにて5年生チームの新年会でした。
私は監督として乾杯の音頭をとりましたが、挨拶は抜きにしました。
そのかわり、お母さんたちにビジョントレーニングに関する資料を配りました。

『小学生の野球もあと1年。ご協力お願いします。野球わからなくても難しいことではありません。親子で一緒に楽しんでください。』

これが、配った資料に託したお母さんたちへのメッセージです。
posted by skyboys広報 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 29期 前へ前へひたすら前へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

骨盤(股関節)へのタメ

年末の記事以来、骨盤(股関節)の話題で盛り上がっている(勝手にそう思ってるだけ?)ようです。
今回はそれについて少しばかり解説を。

以下の動作は、いずれも、股関節にタメをつくる工夫だったんです。
・上体をひねる
  極端な例が、野茂のトルネード。左肩(右投げ)の後ろをちょっとだけ相手に見せるだけでもOK
  バッターの場合は踏み込みながらテークバックする
・内転筋に力を入れる
  つま先を内側に入れる。左足の裏を前に向ける。意識的に内股にする
・骨盤を回す
  ピッチャーの場合、左脚(右投げ)を挙げたときにベルトのラインを斜めにする(上体は真っ直ぐ)。
・その他
  バッターボックスの右足(右打ち)の足場を固める。または少し掘って足場を作る。ピッチャーの場合はプレートがありますね。踏み方を間違えないように!

いろいろありますね。

大事なのは、形を押し付けるのではなく骨盤のタメを感覚としてつかむこと。
指導者としてはどうしても外見から直したくなるのですが、股関節にタメをつくる感覚(股関節の窮屈な感じ)がつかめれば、あとはあれこれ考えなくても体が勝手に学習してくれます。
しかられるのがイヤでやっているのでなければですよ。
posted by skyboys広報 at 11:57| Comment(8) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

初野球

2日、チームの子4人と初練習しました。
と言うより、4人の子が私の遊び相手になってくれました。

練習内容は骨盤の動きを意識したバッティング
まずは、ピッチャーに正対してまっすぐ打ち返し。
このスタンスだと十分に上体をひねる必要があるので
体をひねった側の股関節が窮屈な感じが良くわかります。
次に普通のトスバッティング。テイクバックで股関節の窮屈な感じを意識して打ちます。
効果のほどは良くわかりませんがタメて打つ感覚がつかめたはずです。

この感覚、スローイングやフィールディングにも共通した感覚なんです。
ですから、良く「野球はキャッチボールから」と言われますが、バッティングから入るというのもあっていいと思います。
バットという負荷が加わる分、股関節を意識した際にその感覚がわかりやすいです。
何よりバッティングは楽しいです。

最後はセイフティバントの練習。
送りバントの練習でないところがミソです。
同じバントでも楽しさがまったく違いますからね。
posted by skyboys広報 at 13:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 29期 前へ前へひたすら前へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

中国語

私、今年から中国語始めます。
刈谷市の軟式野球少年部では毎年、中国蘭州市の野球チームと交流しています。
1年おきに刈谷から蘭州に訪れたり、蘭州から刈谷に招待していますが、今年は蘭州から刈谷にお迎えする番です。
楽しく会話するところまでは行けないでしょうが、蘭州の子にとって異国で聞く母国語はカタコトでもホッとするものでしょう。
野球の歴史の新しい国の指導者との会話も楽しみです。

英語も頑張ってますよ。神宮で勝って日本代表でハワイに行く日のために。
posted by skyboys広報 at 08:40| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、このブログも6年めになるのですが、先日、「技術解説に動画を使っては」という話がありました。
ところが、動画のUPのしかたがわかりません。
そもそも、auのブログでは動画が使えないのかもしれません。
動画専用のブログを作ってそちらにリンクしようかな?とも考えています。
どなたか、良い方法ご存知でしたら教えてください。
よろしくお願いします。
posted by skyboys広報 at 00:43| Comment(8) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする