2009年06月29日

コントロールの良いピッチャーのイメージ1


リリースライン.jpg「ピッチャーのコントロールが…」と嘆いていてもしかたないので、「コントロールの良いピッチャーのイメージってどんなだろう」と2つほど考えて見ました。

今日はその1つめ。
図に描いたようにリリースが点ではなく、線をイメージしているのではないでしょうか?
リリースポイントではなくリリースラインとでも言ったら良いでしょう。
これならば、微妙なタイミングのずれで狙いが大きく狂うことがないでしょう。

ただし、リリースラインをイメージするだけでは不十分でしょう。この間、指でボールを押して加速し続けなければなりません。
逆に言えば指先の速度は、始めは遅く、最後を最も速く。

と以上は素人の勝手な想像ですがいかがでしょう?
ご意見、お待ちしています。
posted by skyboys広報 at 21:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

うまくいきません

28日は挙母教育リーグの予選リーグ最終戦。
このところ、チームがめきめき力をつけてきている手ごたえがあったので期待していたのですが結果は散々でした。

先発ピッチャー、初回先頭打者にバントヒットを許した直後に死球。これでリズムがつかめないまま四球、ワイルドピッチ、内野ゴロで瞬く間に3失点。
2人目、3人目のピッチャーも同じように四球から小刻みに失点して合計8失点。
練習ではボールが続いたら間合いを長く取って立て直すことができるようになってきましたが、この日はすっかり忘れていたようです。
バックの子も間合いを取らせようと「リラックス」「落ち着いて」としきりに声をかけていたので私も敢えてタイムを取らなかったのですが難しいものですね。
ただ、3人とも自分達なりに一生懸命狙ってしっかり腕を振り、手先でストライクを取りに行かなかったのが救いだったと思っています。

攻撃の方は今までの試合ではどんなにリードされてもちょっとしたきっかけさえあれば必ず反撃していたのですがこの日はさっぱり打てませんでした。
ボールを待ちきれずに引っ掛けたり打ち上げたり。
しっかり引き付けて振り切るバッティングができていたハズなんですが…。
何とかきっかけをつかもうとセーフティバントを試みた子もいました。良い工夫ですが大量リードされた場面では難しかったです。

ピッチングとバッティングはさっぱりでしたが最近集中的に練習している守備の連携は良くできたと思います。
声も良く出ており、守備位置や動きを確認しあったり送球方向の指示、ボールが続くピッチャーに間合いを取らせたり、練習したことをしっかり試合で出していました。

子供たちは着実に成長しているのですがそろそろ目に見える結果を出させてあげないといけません。
頭の痛い日が続きそうです。
posted by skyboys広報 at 22:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 29期 前へ前へひたすら前へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

願掛け


TOEIC014.jpg私、TOEIC (英語検定の1つ)で大幅に点数を上げることができました。
自己最高550点から645点。
しっかり中級者でそんなに威張れる点数ではありませんが50歳という年齢の割りには良くがんばったと思います。
ここで終わりだとただの自慢?ですが、スカイボーイズBチームの願掛けに使おうかな?と思います。

今年3月までに私がTOEICのスコア990点満点中700点以上取ればチームは県大会出場、800点以上で全国大会出場、900点以上で日本一。

何だかいけそうな気がする。
プライベートな記事でしたが中高年の励みに…ということでお許しください。
posted by skyboys広報 at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

思考力を育てませんか?

昔、長男が幼稚園に行っていたころ、少年野球にはあまり良い印象を持っていませんでした。
指導者は『ああしなさい。』『こうしなさい。』と一方的に押し付ける。
『そんなに一遍にできるわけはないだろ』と思って見ていると、今度は『どうしてできないんだ!』
頭の中で突っ込んじゃいました。『できないから練習してるんじゃないか』
『大人の思うとおりに子供が動くようにしたいのか
?』『子供は自分で考えることができなくなるぞ!』

それから数年たって長男が3年生のときに野球を始め、見学に行っていた私もいきなりチームの帽子を渡されコーチに。
今年で8年めになりますが、今も昔もほとんど変わっていないように思います。

続きを読む
posted by skyboys広報 at 01:40| Comment(5) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

この子たちと野球やってて良かった!

宣誓、僕達選手一同は、共に努力し汗を流した仲間を信じ、ここまで成長させ支えてくれた多くの方々に感謝の心を忘れる事なく、野球って楽しいという事を実感しながらこの積水ハウスカップに挑む事を誓います。 平成21年 6月20日 隼スカイボーイズ キャプテン ○○タカオ

20日行われた大会開会式で参加85チームの選手と関係者が見守る中行われた宣誓の文章です。

開会式終了後、面識の無いチームの指導者さんから、わざわざ『すばらしい選手宣誓でした。』とおほめの言葉をいただきました。

私自身、まさか、選手宣誓で泣くなんて思ってもみませんでした。


読者のみなさん、お願いがあります。
コメント書き込みで
たくさん、たくさん、ほめてあげてください。
posted by skyboys広報 at 20:22| Comment(12) | TrackBack(0) | 29期 前へ前へひたすら前へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

ドラゴン桜から

コミック本『ドラゴン桜』21完を大人買いして読んでいます。
コミック本ですが帯の内側には『書店の皆様!!ぜひ、参考書コーナーに置いてください!!』と書いてありました。
ストーリーは『成績のふるわない高校の債権整理にやってきた主人公 桜木が1年以内に東大合格者を出して学校を再建させようとする』もの。
確かに受験勉強の参考になりそうですが、勇気づけられる数多くのメッセージは、受験勉強を練習に置き換えることでスポーツ指導のバイブルにもなりそうです。
今日はその中から1言
続きを読む
posted by skyboys広報 at 21:15| Comment(5) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合同練習

14日は住吉ベースボールと合同練習を行いました。
高校野球経験のある先方の監督さんが講師となっての講習会の形でしたが、キャッチボールからノック、走塁の基礎を押さえたものでした。
言われていることは普段の練習と似ていても子供たちには新鮮に聞こえたことでしょう。

ところで、練習の合間の雑談で話題になったのが『前への動き』と『捕球姿勢』の両立。
『前への動き』を重視すると捕球姿勢がうまくとれなかったり、『捕球姿勢』を重視すると前への動きが鈍くなったりと悩ましい問題です。

隼は『前への動き』重視に対して住吉ベースはどちらかと言うと『捕球姿勢』重視のようでした。
つまり、隼にとっては捕球姿勢が課題で住吉ベースには前への動きが課題と言うわけです。
『捕球姿勢』に関しては子供たちには宿題を与えてありますが、毎日やってくれているでしょうか?
私は信じています。
posted by skyboys広報 at 02:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 29期 前へ前へひたすら前へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

『ミミズでびゅん』×勝利の笑顔

タイトル『何じゃこりゃ?』でしょ?
子供のパフォーマンスアップのキーワードで6月6日のスポーツ研究会で仕入れた情報を翌日、早速、スカイボーイズの子供たちと一緒にアレンジした物です。
このキーワードで半分以上芯を外していたトスバッティングがほとんど全部ジャストミートするようになりました。
ほとんど盗塁を刺せなかった子たちが1日で1、3塁のダブルスチールを失点せずにアウト1個取れるようになりました。感激で『あのへっぽこ坊主たちが…』と泣きそうになってしまったほどです。




続きを読む
posted by skyboys広報 at 23:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 29期 前へ前へひたすら前へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする